Society学会概要

History沿革

歴代理事長

第2代理事長 岡本 健
第2代理事長岡本 健
第3代理事長 山下 敏夫
第3代理事長山下 敏夫

耳鼻咽喉科の専門領域として、耳、鼻、咽喉、が従来からその専門領域とされていたが、医学会全体の専門化が進み、それぞれの領域に関して、更に専門的研究、臨床が行われるようになった。このような傾向にあって、扁桃に関する研究、特にその免疫機能、病巣感染、扁摘の適応等をめぐって他の専門領域との共同研究を含め、まず昭和38年(1963)第1回の扁桃研究会が開かれ、はじめは年2回、研究会を開催していたが、昭和40年(1965)より年1回の開催となった。それまでの研究の成果は国際的にも認められ、昭和62年(1978)International Symposium on Tonsil(国際扁桃シンポジウム)が野坂保次会長のもと国立京都国際会館で行われ、更に第3回国際扁桃シンポジウムは形浦昭克会長のもとで平成7年(1995)札幌市トマムにおいて開催された。

当時日本耳鼻咽喉科学会では、関連する学会として口腔・咽頭科学会を設立する案があり、扁桃研究会としてこの問題を検討することとなった。その結果昭和62年(1987)口腔・咽頭科学会を設立するに至った。 名称として日本口腔・咽頭科学会(Japan Society of Stomato-pharyngology)が正式に決定され、発足記念シンポジウムが昭和63年(1988)冨田 寛会長のもとで東京の日大会館で開催された。日本扁桃研究会はその後も毎年引続き開催されていたが、平成4年(1992)日本口腔・咽頭科学会と日本扁桃研究会が同時に岡山で増田 游会長の下で開催され、翌年、平成5年(1993)両者の統合が行われ、初代理事長として猪 初男新潟大学名誉教授が就任された。学会会員はその後1,500名にもおよび、本学会の学術講演会は年に1回、北は北海道から南は沖縄に至るまで全国各地で開催され、本年(2010)で第23回を迎える。また、学会誌を年に3回刊行し、本学会領域の学問の進歩に務めている。

耳鼻咽喉科領域における日常の臨床において、口腔・咽頭領域に関しては今後もますますその基礎的、臨床的研究、治療に関してその重要性が問われるところであり、学会誌刊行に加え「口腔咽頭疾患の検査法(1997年)」および「口腔咽頭の臨床(1998年)」が日本口腔・咽頭科学会の編集によって出版され、また後者の改訂版(第二版)が平成21年(2009)に発刊された。さらに歯科口腔外科との境界領域問題に関する調査を行い、その結果を小冊子にまとめて発行した(2009)。その他の本学会の関連事業として「味覚障害」と「いびき」に関する、診療の手引き書がそれぞれ刊行された(金原出版社,2006)。

これまでの研究会、学会の詳細な経過に関しては、日本口腔・咽頭科学会が発刊した「口腔・咽頭科vol.1(1989)」および「口腔・咽頭科vol.20-2(2008)(20年のあゆみと将来展望)」を、また平成5年(1993)日本扁桃研究会が発刊した「日本扁桃研究会のあゆみ(1993)」にその詳細が記録されているのでご参照下さい。

(加筆中)